◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆

【Basic Info】 UMIN000019303 2015/10/09 治療・ケア/Treatment 医薬品/Medicine

・開始前/Preinitiation

切除不能あるいは遠隔転移を有する軟部肉腫(コホート1:悪性末梢神経鞘腫瘍患者、コホート2:抗がん剤抵抗性軟部肉腫患者)を対象としたpazopanibの第II相臨床試験 exit_disclaimer.gif

Phase II clinical trial of pazopanib with unresectable or metastatic malignant peripheral nerve sheath tumor (1st cohort) and in patients with chemoresistant tumors; alveolar soft part sarcoma, epithelioid sarcoma, and clear cell sarcoma (2nd cohort) exit_disclaimer.gif

・【classification】 コホート1:悪性末梢神経鞘腫瘍(MPNST)患者、コホート2:抗癌剤抵抗性軟部肉腫である類上皮肉腫・明細胞肉腫・胞巣状軟部肉腫の患者 1st cohort: patients with unresectable or metastatic malignant peripheral nerve sheath tumor, 2nd cohort: patients with chemoresistant tumors; alveolar soft part sarcoma, epithelioid sarcoma, and clear cell sarcoma

・【classification】 名古屋大学大学院医学系研究科整形外科 Department of Orthopaedic Surgery, Nagoya University Graduate School and School of Medicine


◆【Basic Info】 JapicCTI-121853 08/13/2015 改訂 医薬品/Medicine

・試験終了 Completed

染色体転座を伴う悪性軟部腫瘍患者を対象としたET-743の安全性試験 exit_disclaimer.gif

Safety study of ET-743 in patients with translocation-related sarcomas exit_disclaimer.gif

・【classification】 染色体転座が報告されている組織型の悪性軟部腫瘍(軟部肉腫) Patients with malignant soft tissue sarcomas of histological types that have been reported to carry chromosomal translocations

・【classification】 大鵬薬品工業 Taiho Pharmaceutical

・試験薬剤名/ 抗悪性腫瘍剤 ET-743 一般名:トラベクテジン(trabectedin) 欧州販売名:Yondelis


◆【Basic Info】 JapicCTI-121850 08/13/2015 改訂 医薬品/Medicine

・試験終了 Completed

染色体転座を伴う悪性軟部腫瘍患者を対象としたET-743の第II相臨床試験 exit_disclaimer.gif

Phase II study of ET-743 in patients with translocation-related sarcomas exit_disclaimer.gif

・【classification】 染色体転座が報告されている組織型の悪性軟部腫瘍(軟部肉腫) Patients with malignant soft tissue sarcomas of histological types that have been reported to carry chromosomal translocations

・【classification】 大鵬薬品工業 Taiho Pharmaceutical

・試験薬剤名/ 抗悪性腫瘍剤 ET-743 一般名:トラベクテジン(trabectedin) 欧州販売名:Yondelis


◆UMIN000015917 2014/12/12
非円形細胞肉腫を対象としたsecond lineとしてのgemcitabine, docetaxelによる併用化学療法の有効性と安全性の評価に関する検討
・非円形細胞肉腫 soft tissue sarcoma except for small round cell tumor
・第Ⅱ相/Phase II
・一般募集中/Open public recruiting
・介入/Interventional
・20
・大野 貴敏 Takatoshi Ohno
・岐阜大学大学院医学系研究科 Gifu University school of medicine
・岐阜大学(大学院) Gifu University school of medicine
・自己調達/Self funding
Second line chemotherapy using gemcitabine and docetaxel for soft tissue sarcoma
∞管理者メモ(Administrator Memorandum)
◆参考資料・関連情報 (reference materials & related information)
高悪性度非円形細胞肉腫に対する adriamycin, ifosfamide による補助化学療法とgemcitabine,docetaxel による補助化学療法とのランダム化第 II/III 相試験実施計画書 ver1.0 (12/2013 JCOG1306 JCOG;日本臨床腫瘍研究グループ)pdf.gif 
未承認薬・適応外薬の要望 ドセタキセル 非小円形細胞肉腫 (03/2012 要望番号;Ⅱ-134 厚生労働省 Ministry of Health, Labour and Welfare)pdf.gif


◆UMIN000015120 2014/10/01
高悪性度軟部肉腫に対する化学療法(GD療法)時に発生する有害事象(悪心、嘔吐、食欲不振等)に対する六君子湯の有効性と安全性の探索的検討
・高悪性度軟部肉腫 High-grade soft tissue sarcomas
・-
・開始前/Preinitiation
・介入/Interventional
・10
・五嶋 孝博 Takahiro Goto
・東京都立駒込病院 Tokyo Metropolitan Komagome Hospital
・東京都立駒込病院 Tokyo Metropolitan Komagome Hospital
・なし None
Pilot study of efficacy and safety of Rikkunshito for adverse events (nausea, emesis and anorexia) caused by chemotherapy (GD therapy) for high-grade soft tissue sarcomas
∞管理者メモ(Administrator Memorandum)
◆参考資料・関連情報 (reference materials & related information)
漢方薬を駆使したがん治療の有害事象の緩和 旭川医科大学 外科学講座・消化器病態外科学分野 河野 透 (04/30/2011 日経メディカル・癌Experts)


JapicCTI-111677 2014/09/17
前化学療法歴のある進行又は再発軟部肉腫を対象としてエリブリンメシル酸塩の有効性及び安全性を検討する多施設共同オープン臨床第2相試験
・軟部肉腫 Soft Tissue Sarcoma
・参加者募集終了-試験継続中 ongoing, but not recruiting
・エーザイ Eisai
An Open-label, Multi-center, Phase 2 Study to Evaluate the Efficacy and Safety of Eribulin Mesylate in Previously Treated Subjects with Advanced Soft Tissue Sarcoma
∞管理者メモ(Administrator Memorandum)
◆参考資料・関連情報 (reference materials & related information)
前化学療法歴のある進行又は再発軟部肉腫患者を対象としてエリブリンメシ酸塩の有効性 及び安全性を検討する多施設共同オープン臨床第Ⅱ相試験 (慶応義塾大学医学部整形外科学教室 腫瘍班:サルコーマ・骨転移診療グループ)
第39回欧州臨床腫瘍学会議で「ハラヴェン®」(エリブリン)および「レンバチニブ」に関する最新試験データを発表 (2014/09/17 News Release:エーザイ Eisai)
「Halaven:ハラヴェン®」(一般名:エリブリンメシル酸塩)についてpdf
 「ハラヴェン®」は、新規の作用機序を有する非タキサン系微小管ダイナミクス阻害剤です。海洋生物クロイソカイメン(Halichondria okadai)から抽出されたハリコンドリン類の全合成類縁化合物であり、微小管の短縮(脱重合)には影響を与えずに伸長(重合)のみを阻害し、さらにチューブリン単量体を微小管形成に関与しない凝集体に変化させる作用を有しています。本剤は、乳がんについて2010年11月に最初の承認を米国で取得し、これまでに欧州、日本、シンガポール、スイス等、50カ国以上で承認を取得しています。また、本剤の製品価値最大化に向け、前治療歴の少ない乳がん、また、軟部肉腫、非小細胞肺がんについても開発を進めています。(エーザイ Eisai)

 

◆JapicCTI-142514 2014/08/25

染色体転座が報告されている組織型の悪性軟部腫瘍患者を対象としたET-743の安全性確認試験

・染色体転座が報告されている組織型の悪性軟部腫瘍 Patients with malignant soft tissue sarcomas of histological types that have been reported to carry chromosomal translocations

・参加者募集中 recruiting

・大鵬薬品工業 Taiho Pharmaceutical

Safety assessment study of ET-743 in patients with translocation-related sarcomas

∞管理者メモ(Administrator Memorandum)

◆参考資料 (reference materials)

新規抗悪性腫瘍剤 ET-743(トラベクテジン)悪性軟部腫瘍患者を対象とした第Ⅱ相臨床試験結果を米国臨床腫瘍学会(ASCO®)で発表(2014/06/04 大鵬薬品工業 Taiho Pharmaceutical)